乳酸菌が在る漬物とそうでない漬物

乳酸菌が在る漬物とそうでない漬物

乳酸菌を摂取する方法に、漬物があります。個人的に漬物は、とても良い方法だと思うのです。乳製品から摂取する方法もあるのですが、あれば動物性の乳酸菌になりますので、胃袋の酸で溶かされてしまう事が多いですね。しかし植物性の場合はその酸で溶かされづらいので、小腸や大腸などに届きやすいと言われています。

 

乳酸菌が在るタイプの商品とは

 

ところで乳酸菌は、全ての漬物に含まれている訳ではありません。それが含まれているタイプと、含まれてはいないタイプがあるのですね。お腹の調子を良くするために漬物を摂取するにしても、含まれていないタイプを選ばないよう注意が必要です。

 

ではどのような漬物であれば乳酸菌が含まれているかと申しますと、例えばたくあんやキムチです。それらの商品の場合は塩水などに漬け込まれている訳ですが、それに伴って乳酸菌が生成されている筈なのですね。原材料に漬け込まれているとだんだんと発酵してきますので、すでに乳酸菌が生成されている状態なのです。
ご協力サイト様・忙しい方のための善玉菌増やし方講座

 

また糠味噌や塩漬けなどの商品も、発酵されているタイプになるのです。ですのでそれらの商品であれば、お通じなどが改善される効果は期待できるでしょう。

 

発酵が完了していないタイプは乳酸菌は無い

 

ところで塩漬けの中でも、一夜漬けなどは注意が必要です。塩漬けの場合は、長い間漬け込まれていることで乳酸菌が生成されているのですね。しかし一夜漬けの場合は期間が短すぎます。まだ乳酸菌が作られていない状態ですので、それを摂取してもお腹を調子が改善される確率は低いのですね。

 

それと醤油漬けやみりん漬けなどの商品も、実は発酵はしていません。醤油やみりんなどの材料は野菜類などに浸透はしているのですが、あくまでも浸透しているだけです。その状態では発酵はしていない訳ですから、肝心の乳酸菌が作られていない状況になります。ですので醤油漬けを摂取したところで、乳酸菌を摂取できるわけではないのですね。また砂糖漬けや浅漬けなどの商品も、発酵していません。

 

このように漬物の中には、乳酸菌が無いタイプがある訳ですね。せっかくお腹に効果があると思って漬物商品を購入しても、乳酸菌が含まれていないのでは、肝心のお腹が改善できません。それではせっかくの費用が無駄になってしまうでしょう。もちろんそれはとても悲しいことです。

 

ですので植物性の乳酸菌でお腹の改善をしようと思っているのであれば、必ず発酵が完了しているかどうかを確認するのが無難でしょう。